QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
bemax
bemax
業務効率化のため、オンライン専門ショップとしてリニューアルしました!カスタムのみならず修理も承っておりますので、電動ガンのトラブルでお困りの方はお気軽にご相談下さい。海外製電動ガンからガスガン、ブラスト加工等幅広く承っております!
TEL 0476-97-2201
Be-MAX Webサイト

2018年04月18日

カスタムフォトギャラリー PPsh GLOCK17 MP7A1

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

PPSh

機種名 : スノーウルフ製ペペシャ(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業
コメント : ギア破損、セミオート不良の修理でご依頼頂きました。海外製品のピストン連動型ブローバックは、色々な部分が破損するので当店では原則、オミットをお勧めしております。耐久性とブローバックの両立は、やはりマルイ製次世代電動ガンの様に最初からブローバック専用に設計されていないと厳しいですね...。



GLOCK17

機種名 : マルイ製グロック17(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・作動調整作業
コメント : 社外品のスライド&フレーム&アウターバレルが組まれていましたが、シアーが落ちない状態でした。グロック系は社外品スライドが豊富に販売されていますが、無加工で問題無く作動する社外品スライドは滅多にないですね。大抵はディスコネクターやトリガーバー関連の動きで何かしらの問題が出ます。ブリーチが入り込む深さが足りないスライドも多いです…。



MP7A1

マルイ製電動MP7A1(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・コンパクト電動ガン用スペックRカスタム ・インナーバレル延長
コメント : 今回は新品&未使用品をお持込頂きスペックRカスタムを行いました。
やはりマルイ製品の新品からのスタートは色々な意味で狙った性能にスムーズに仕上がります。コンパクト電動ガン系に有効なインナーバレル延長も行いました。
あくまでもハイダー内までの延長なので外観も変わりません。
コンパクト電動ガン系は1センチでも長くバレル長を確保したいので、このメニューは有効です。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 10:31フォトギャラリー

2018年04月12日

カスタムフォトギャラリー UMP M4Stinger Snake match1911

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

UMP

機種名 : G&G製UMP
作業内容 : ・コンプリートカスタム
コメント : 最近のG&G製純正モーターはビックリする位、ローサイクルなのでコンプリート製作の際はモーター交換も必須です。どんなにメカBOX内部もフルカスタムしてもモーターがここまで遅いと気持ち良い射撃感にはならないです。昔の純正モーターはここまで酷くなかったんですけどね...。海外仕様(ハイパワー&高電圧バッテリーが前提のセッティング)に統一されてしまったのでしょうか...。



M4 Stinger

機種名 : VFC製M4スティンガー
作業内容 : ・コンプリートカスタム ・FET回路組込み
コメント : VFC製M4スティンガーでのコンプリート品をご注文頂きました。M4Babyに後からストックを取り付ける事も可能ですが、配線交換も改めて必要になるので、ストック付きをご希望の場合は最初からスティンガーをベースで製作した方がお得です。今回はFET回路組込みも追加でご注文頂きましたが、バッテリー収納スペースが結構ギリギリ(PEQ15用1800mAが収納可能)なのでFET回路はメカBOX内部に設置しました。もう少し収納スペースが大きければFET回路もバッテリー収納スペースに設置出来るんですけどね。



Snake match 1911

WA製スネークマッチDX(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・セラコート塗装
コメント : バレルブッシング、グリップセーフティー、セーフティーレバー、メインスプリングハウジング、トリガー、ハンマー、スライドストップへのセラコート塗装(シルバー)を行いました。セラコートの塗膜強度は尋常じゃないので、擦れるパーツへも大変有効です。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 01:26フォトギャラリー

2018年04月02日

カスタムフォトギャラリー M4A1 F2000 SVU

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

SVU

機種名 : ASP製SVU(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業(ピストンストロークの変更)
コメント : 以前、当店にてセミオート専用仕様で作業させて頂きましたがフルオートを使ってしまった事でピストンが破損したので今回の作業を機にロングストロークピストンからノーマルストロークに変更しました。これでフルオートでも壊れなくなります。海外製品ではフルオートが撃てる機種なのにロングストロークピストンを採用している機種が何故か存在します。(G&G製L85、A&K製SR25、CA製SR25等)ロングストロークでフルオートを撃つと高い確率でピストンが破損します。


F2000

機種名 : G&G製F2000(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業 ・カスタム作業
コメント : ご自身でメカBOXを分解された際にシム調整が狂ってしまい、過負荷でモーターが焼き切れていました。修理作業と同時にF2000用のカスタムプラン(レスポンス&サイクル向上、トリガーロック改善等)で仕上げさせて頂きました。シム調整はある程度の知識や経験が無いと難しいので、メカBOXを分解する際は最低でも純正のシム位置(どこに何ミリのシムが何枚入っていたか)を記録しておくと良いかと思います。



M4A1

機種名 : マルイ製次世代M4A1(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・バッテリー収納加工 ・レシーバー再塗装
コメント : MADBULL製のハンドガード内にセパレートLIPOバッテリー(7.4V/1400mA)を収納したい。という事でご依頼頂きました。アウターバレル切削&配線変更でギリギリですが無事に収納出来ました。同時にアッパーレシーバーとロアーレシーバーの再塗装も行ってあります。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 02:38フォトギャラリー

2018年03月14日

カスタムフォトギャラリー M4Baby MP7A1 CZ805BREN

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

M4Baby

機種名 : VFC製M4Baby(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・外装パーツ組込み ・オーバーホール作業
コメント : 過去に販売させて頂いたFMC品のM4Babyですが外観の変更作業とオーバーホールでご依頼頂きました。レディマグをバッテリーBOXとして活用する加工を一緒に行ってあります。M4Babyの面影はほぼ無いですね。


MP7A1

機種名 : マルイ製MP7A1(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業 ・FET回路組込
コメント : ご自身でFET回路組込みに挑戦したところモーター端子を折ってしまい動かなくなった、という事でご依頼頂きました。コンパクト電動ガン用のモーター側端子は非常にデリケートなので無理な力を加えるとポキッと折れるので要注意です。MP7が発売された当時は当店も結構折りました...。今回はモーター交換、FET回路組込み、LIPO用ダイレクト配線、で作業させて頂きました。LIPO用ダイレクト配線は変換コネクター無しでダイレクトにBECコネクター接続が出来るので大変効率が良くなります。コンパクト電動ガンに限った事ではありませんが「変換コネクター」は予想以上に通電ロスが大きいのでダイレクトに接続してあげるとフルオートのサイクルが体感出来るレベルで向上します。



CZ805 BREN

機種名 : ASG製CZ805BREN(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・カスタム作業 ・アッパーレシーバーへのセラコート塗装
コメント : 性能優先の内部カスタム作業とアッパーレシーバーへのセラコート塗装(ダークアースカラー)を行いました。ASG製スコーピオンEVOは色々と特殊な設計(電子制御回路)でカスタム出来る幅が少なかったのですがCZ805はコンベンショナルな設計の為、通常電動ガンと同じ様にフルカスタム作業が可能です。出来ればスコーピオンもこっちの構造にしてもらえないでしょうかね~(笑)

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 17:43フォトギャラリー

2018年03月09日

カスタムフォトギャラリー MP5kurz DSR-1 MINIMI Mk1

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

MINIMI Mk1

機種名 : A&K製ミニミMk1(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業 ・カスタム作業
コメント : 接点焼損による通電不良、電動マガジンの給弾不良が発生していましたので修理&カスタム作業を行いました。当店のFMC品と同様に電動BOXマガジン内へのラージバッテリー収納、強制給弾方式、の加工も行ってあります。海外製品でよく使われているマイクロスイッチはFET回路無しで使うと接点焼損が早いです。長時間トリガーを引き続けるLMG系はFET回路を標準装備してくれると良いのですが...。コストの問題で難しいのかな(泣)


DSR-1

機種名 : S&T製DSR1(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・初速向上作業 ・外装パーツ補修
コメント : 新品購入時から調子が悪いので改善したい。という事でご依頼頂きました。初速を計測したところ2本のマガジンで共に65m/s前後だったので定番のDSR1用カスタムメニューで95m/s前後へ仕上げさせて頂きました。同時にバットプレート調整用レバーが故障(S&T製では良く起こります)していたので補修済みです。ARESと違いS&Tになってからは色々なカラーバリエーションがあってなかなか楽しいですね~。



MP5kurz

機種名 : CYMA製MP5クルツ(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・ハイサイクルカスタム ・FET回路組込み
コメント : ハイサイクルカスタム済み本体の手直し作業をご依頼頂きました。他店様にてハイサイクルカスタム済みとの事でしたが、お世辞にもハイサイクルとは言えない状態(秒間11発...)でしたので、再利用出来るカスタムパーツは流用しつつ、改めてハイサイクル仕様で仕上げさせて頂きました。今回の本体もそうですがインナーバレルが短い機種の場合、強引に初速を出そうとして、とてつもなく強いメインスプリングが組まれている事が多いです(泣)吸排気関係のセッティングをしっかりと合わせて上げるとむやみにメインスプリングのレートを上げなくても初速は出せます。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 18:00フォトギャラリー

2018年02月28日

SIG・MCXへの2000mAバッテリー収納加工

MCX


1.JPG久々の完全新規な電動ガン&VFC製造なので質感高し、という事で人気のCYBERGUN製SIG・MCXですがバッテリー収納スペースが狭く特殊なバッテリー(全長が短いセパレート型)しか使えないのが泣き所です。そこで今回は汎用の7.4V/2000mAバッテリー(ミニS互換)が収納出来る加工を行いました。

2.JPGアウターバレル下面をフライス加工でフラットに切削してあります。削り過ぎるとインナーバレルが見えてしまうので肉が残るギリギリを狙います。機能上は何ら問題無いのですが、インナーバレルが見えてしまうとちょっぴりテンション下がるので(笑)切削しただけだと当然、金属の地が出ていますので黒染めで仕上げました。
3.JPG

4.JPGアウターバレル下面を加工する事で7.4V/2000mAバッテリー(ミニS互換)がピッタリと収まります。むしろ、これが純正で良いのでは?という違和感の無さですね。

5.JPG収納時のコツは「ハンドガード着脱の際、ピボットピンを抜かずにハンドガード下面の六角ねじを外す※ステーを本体側に残す」という事ですね。ステーを本体側に残す事で7.4V/2000mAバッテリー(ミニS互換)がストレス無く収納出来ます。

6.JPG


7.JPG今回、寸法確認や収納確認で何回も何回も何回も何回もハンドガード着脱をしていて、ある事に気が付いてしまいました。メーカー説明書だと「ハンドガード着脱はピボットピンを抜いてね」って書いてありますが、どう考えても六角ねじを外してステーを本体側に残す方法の方が楽じゃん!という事に...(笑)ピボットピンを抜く為にはピンポンチとプラハンが毎回必要ですし、ピボットピンを勢い余って全部抜くとアッパーとロアーがガシャ~ンって離れるし、でこの方法はストレスが溜まります(泣)一応、アッパーとロアーの結合が離れない位置でピボットピンは止まる構造にはなっていますが、かなりセンシティブな指先をお持ちの方で無いと、この位置で止めるのは難しいかと。(当然の事ながらワタクシもガシャ~ンな指先でした...)ステーを残す方法であれば六角レンチ1本で済みますので、バッテリーの種類問わず、この方法がデフォルトで良いのではないでしょうか?SIG・MCXをお持ちの方は是非お試し下さい。この方法であればピンポンチもプラハンもセンシティブな指先も不要ですよ。

8.JPG今回はET1製の7.4V/2000mAバッテリー(ミニS互換)を使いましたが収納スペースは結構な余裕がありますので各社から販売されている7.4V/2000mAバッテリーも大抵は収納出来そうです。やはり1000mA前後のバッテリーと2000mAクラスのバッテリーとでは放電特性が全然違います。セミオートのレスポンスもフルオートのサイクルも大幅に向上しますのでSIG・MCXをお持ちの方にはオススメの加工です。
<KEN>


Be-MAXの情報をもっと見るにはこちら!
電動ガン修理カスタム日記 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan




  

2018年02月27日

カスタムフォトギャラリー Honey badger HK416 Barrett M107A1

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

Honey badger

機種名 : ARES製ハニーバジャー(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業 
コメント : 自身でカスタム作業に挑戦したところ動かなくなってしまった。という事でご依頼頂きました。内部を点検したところ交換したメインスプリングの寸法が合っていない事によるピストンロック、その結果スパーギア破損。という状態でした。メインスプリングの寸法って実は結構重要です。外径や内径が相手側パーツ(ピストン、スプリングガイド)と合っていないと駆動系がロックして何かしらのパーツが破損します。今回は修理作業(メインスプリング交換、スパーギア交換)メインで作業させて頂きました。



HK416

機種名 : マルイ製次世代HK416(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・レスポンスの改善作業
コメント : 今回は実射性能(初速、命中率等)の向上は行わずに「純正バッテリー使用で、とにかくレスポンスを良くしたい」というご依頼でした。吸排気関係はあえてノーマルのまま「リコイルユニットのキャンセル」、「ラージサイズ7mmベアリング軸受」、「ハイレスポンスコードチューンKIT」、「FET回路」等を行い作動性能を重点的に改善してあります。メインスプリング含め吸排気関係がノーマルのままですので、作動性能の向上がより顕著に体感出来ますね。



Barrett M107A1

機種名 : スノーウルフ製バレットM107A1(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業 ・ライトカスタム作業
コメント : セレクターレバーを動かすとトリガーは引いていなくてもBB弾が発射される。という暴発症状が出ていました。内部を確認したところ接点が焼き付いて常時、接触している事が原因でした。バレットは皆さん、セミオートを多用しますのでやはりFET回路は必須と思います。今回は修理作業と同時にライトカスタムで仕上げさせて頂きました。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 03:50フォトギャラリー

2018年02月18日

カスタムフォトギャラリー M4SPR M14EBR 89式小銃折曲式

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

M4SPR

機種名 : DBOY製M4SPR(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業 ・全般的な手直し作業
コメント : 個人カスタム済み中古品をヤフオクで購入したがマトモに使えないので直したい。との事でご依頼頂きました。初速は19m/s~90m/sまで非常に不安定で凄まじいギアノイズが発生していました。当店の経験上、「個人カスタム済みの中古品」は、何かしら問題を抱えている事が多いので、ある程度の覚悟は必要と思います。最低でも購入後は内部状況確認も兼ねて「オーバーホール作業」をお勧め致します。



M14EBR

機種名 : CYMA製M14EBR(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・内部カスタム作業 ・外装パーツ加工
コメント : 素晴らしくローレスポンス&ローサイクルな状態でしたので作動性能改善を含めたカスタム作業を行いました。外装は「アウターバレルの傷修正&再塗装」、「お持込品GBB用グリップの取付加工」、「お持込品ストック取付」を行いました。電動M14EBRのグリップ寸法は一件、GBB系(実物系)と互換性有りに見えますが実際は違いました(笑)今回は「ボルト穴の変更」、「横幅の拡大」、「本体側との干渉箇所の切削」で取付は可能でしたが、どうせならGBB寸法で作ってくれたらいいにの...。と思った今回の作業でした。無加工で各種GBB系グリップと交換が出来たら、結構売れると思いますよ、メーカーさん!



89式小銃折曲式

マルイ製89式小銃折曲式(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・マウントベースのガタつき改善 ・カスタム作業 ・FET回路組込み
コメント : 89式のスコープマウントはガタが出やすい構造なので、この部分のガタ取りを行うと命中率も上がります。今回は当店の89式用の隠れ人気メニュー「バッテリー収納が10倍楽になるんですよ!加工」も同時に作業致しました。89式をお持ちの方であればお分かりと思いますが、この加工を行うとバッテリー収納の度にイライラする事が無くなりますよ~。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 11:26フォトギャラリー

2018年02月10日

FMCシリーズ M4Baby再入荷のお知らせ

長期間、欠品しておりました「M4Baby」が再入荷しました。
FMCシリーズでは不動の人気NO1を誇る、超実戦主義コンパクトウエポンです。


M4Baby



フィールドでの実戦的火力、汎用性、軽量性といった実用的要素をとことん突き詰めた合理的な銃を夢想した事はあるだろうか? VFCが一つの解答として顕現させたモデルこそがこのM4 Babyである。 M4 Babyは取り回しが利き、長期戦での携行負担も少なく、 コンパクトサイズながら他のアサルトライフル群に劣らぬ火力を発揮し、 フルメタルの重厚な外装を併せ持つ極小タクティカルウェポンである。 Be-MAXのノウハウを駆使し、内部はショートバレル専用にカスタムを行い、 短いバレル長にもかかわらずフルサイズ電動ガンと同等の銃口初速を引き出す事に成功している。

M4Babyに最適なLIPOバッテリー、7.4V/1800mAも販売中!
M4Baby



細部詳細はこちら!

ご購入はこちらから


(KEN)




海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  
タグ :M4BabyVFCFMC

Posted by bemax at 23:29フォトギャラリー

2018年02月07日

カスタムフォトギャラリー DSR-1 Trident LMG Spectre

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

Spectre

機種名 : AY製スペクター(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業 ・カスタム作業
コメント : AY製スペクターは当店でも過去に何丁か作業させて頂きましたが、どの個体もメッチャ硬いスプリングで強引に初速を出そうとしていますね(泣)それでも70m/s台しか出ていないのですが...。その為、撃っていると「モーターから焦げた匂い」、「ウルトラ級のローサイクル&ローレスポンス」、「大きな発射音」が標準装備です(笑)今回は射撃時の振動が強すぎて(必要以上に硬いメインスプリングの弊害です)、リアサイト固定ネジが緩んで取れてしまいました。恐るべし、AY...。



TRIDENT LMG

機種名 : KRYTAC製トライデントLMG(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業
コメント : ご自身でカスタム作業に挑戦したところ動かなくなってしまった。という事でのご依頼です。シム調整失敗によるギアロック、配線の断線、アンビセレクターレバー破損、という状況でした。KRYTAC製品のセレクターレバーは専用品ですので補修パーツのお取り寄せが必要になります。今回、メーカー在庫切れの為、完成までにかなりお時間が掛かってしまいました。と言っても海外製品で補修パーツの供給をしてくれるだけでも感謝です。



DSR-1

S&T製DSR1(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理&初速向上作業
コメント : 箱出し時の初速の低さで有名なDSR1です。今回はあまりにも初速が低く計測不能な状態でした...。S&T製になってからはARES時代よりか品質は安定していると思います。でも初速も安定して低いんですよね(笑)今回も定番のDSR1用カスタム作業を行い初速95m/s前後にて仕上げさせて頂きました。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 19:39フォトギャラリー

2018年01月26日

カスタムフォトギャラリー SCAR-L M4 SR47

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

SCAR-L

機種名 : VFC製SCAR-L(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・オーバーホール作業 ・接点交換
コメント : 8年程前に製作させて頂いた当店FMC品のオーバーホール作業でした。さすがに接点焼損が激しかったのでスイッチ交換&SBD取付も行いました。VFC製SCARはストックのヒンジ部分を接点としたコードレス方式の為、FET回路が組めませんのでSBDとなります。



SR47

機種名 : ハリケーン製SR47(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・マガジンキャッチ修理 ・各部手直し作業
コメント : オークションにて個人カスタム品を購入されたのですが、マガジンキャッチ破損、チャージングハンドルを引いてもダミーボルトが後退しない(HOP調整が出来ない)、といったトラブルがあったので内部メンテナンスを兼ねてご依頼頂きました。SR47は形状が合わないマガジンを強引に差し込むとマガジンキャッチが外れてしまい最悪、パーツが紛失します。このパーツ単品は純正部品では供給されていない為、当店ではオリジナルでスプリング&シャフトを製作して対応します。



M4

機種名 : M4(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・完成品製作 ・カスタム作業
コメント : パーツ単品からの完成品製作をご依頼頂きました。同時にメカBOX内部もカスタム作業を行ってあります。色々なメーカーの外装パーツを組み合わせている場合、寸法調整が大変ですね...。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 11:47フォトギャラリー

2018年01月19日

カスタムフォトギャラリー STERLING BAR SIG550

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

STERLING

機種名 : S&T製スターリング(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業 ・カスタム作業
コメント : 給弾不良、銃口からの弾こぼれ、サイクルの遅さ、の改善を含めたカスタム作業を行いました。S&T製スターリングは「チャンバーパッキンがめくれてしまう」、「ノズルが長すぎる」といったチャンバー周辺の設計に問題有りですね。原因が分かってしまえば色々な対策が可能ですが、海外製品はありとあらゆる可能性が考えられるので、この原因究明が大変です(泣)うーん、やっぱりスターリングは格好良いですねー。



BAR

機種名 : アローダイナミック製BAR(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理&カスタム作業 ・木製パーツの再仕上げ
コメント : 初速は約75m/s、激しい給弾不良、セーフティーレバー脱落、等の色々なトラブルが出ていましたので修理作業を兼ねたカスタム作業を行いました。同時に純正オプション品の木製ストック&木製ハンドガードの品質(本体接合面の段差等)も残念なレベルですので修正後にオイル仕上げを行ってあります。



SIG550

機種名 : G&G製SIG550(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・SUPER-1Jカスタム ・FET回路組込
コメント : 新品にて購入されたところ初速が低い、レスポンス&サイクルが遅い、HOPが不安定、との事でご依頼頂きました。今回はSUPER-1Jカスタムを基本にして性能優先プランで仕上げさせて頂きました。この機種はバッテリー収納方法が独特で非常にやりずらい為、当店で作業する際は簡単にバッテリー収納が出来る様に改修します。加えてフロント部とレシーバー部とに接点がある独自構造ですが、この部分での接触不良も多いので、接点端子による通電方式もキャンセルして作り直してあります。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 15:16フォトギャラリー

2018年01月08日

カスタムフォトギャラリー M240B MSR338 GLOCK18C

新年あけましておめでとうございます
皆さんにとって良い1年になることをお祈りいたします 本年も何卒宜しくお願い致します。

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

M240B

機種名 : S&T製M240B(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・給弾不良修理 ・内部カスタム作業
コメント : 電動マガジンが破損して給弾不良が発生していました。幸い、今回は内部ユニットの修理が可能でした。電動マガジンの多くは内部ユニットも専用設計なので修理出来ない事も多いです。今回はマガジン修理と内部カスタム作業を行い仕上げました。M240Bは色々なメーカー(確か、一番最初はトリガーハッピー製のコンバージョンKITだったような...)から販売されていますが基本的には全て同じ商品ですね。



MSR338

機種名 : ARES製MSR338(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・修理作業 ・サプレッサー曲がり修正
コメント : セットピンが曲がってしまいピストンシアーが掛からない状態でした。MSR338のセットピンは折れたり曲がってしまう事が多いですね。今回は社外品のスプリングガイドが組み込まれていましたが、このスプリングガイド後端形状が「曲がり」の原因になっていました。ガイド側の形状修正とセットピンの曲がり矯正を行い解決しました。同時にサプレッサーを付けると曲がって付く為、BB弾が接触してしまう、との事だったのでこの部分も改善してあります。純正のオプションパーツなのに真っ直ぐ付かない、というところが海外製品ですね...(泣)



GLOCK18C

機種名 : マルイ製グロック18C(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・作動調整作業
コメント : 社外品パーツ(外装、内部)が組み込まれていて作動性能が著しく低下していました。特に社外品スライドは大抵、「ディスコネクター」関係の作動が悪くなるので調整は必須です。グロック用のカスタムスライドは非常に多くの商品が販売されていますが、無加工で問題無く動く、という商品はお目に掛かった事がありませんね。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 17:41フォトギャラリー

2017年12月26日

年末年始の営業に関してのお知らせ




平素より格別のご高配を賜り、深く御礼申し上げます。当店は12月31日(日)から1月3日(水)まで年末年始休業とさせていただきます。



<KEN>


Be-MAXの情報をもっと見るにはこちら!
電動ガン修理カスタム日記 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan



  
Posted by bemax at 19:03Be-MAX NEWS

2017年12月26日

カスタムフォトギャラリー USP M16A4 M733

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

M16A4

機種名 : BOLT製M16A4(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・給弾不良の改善 ・カスタム作業
コメント : BOLT製リコイルユニットの駆動負荷はマルイ製次世代シリーズの比ではありません。リコイルスプリングの強さ、リコイルウエイトの重さ、が強烈です(泣)加えて11.1Vバッテリーを使われるパターンも多いので接点焼損による通電不良が早い段階で現れます。リコイルユニットを動かす電動ガンの場合、FET回路は絶対に必要と思います。



M733

機種名 : マルイ製M733コマンドー(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・カスタム作業 ・M4RISへの外装パーツ組み換え
コメント : ノーマル品のM733をベースに内部カスタムとM4RIS(レシーバーはCOLT刻印)仕様への変更を行いました。



USP

機種名 : マルイ製電動USP(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・オーバーホール作業 ・FET回路組込
コメント : 他店様にてカスタム済み本体のオーバーホール作業、FET回路組込でご依頼頂きました。既にカスタムパーツに交換されている箇所もありましたので再利用可能なパーツは可能な限り流用して仕上げます。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 18:31フォトギャラリー

2017年12月14日

カスタムフォトギャラリー Dragunov AIMR

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

AIMR

機種名 : E&L製AIMRコンバージョンKIT(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・カスタム済み完成品製作 ・USED加工 ・ハンドガード交換
コメント : コンバージョンKITからの完成品製作を行いました。コンバージョンKITの場合、内部パーツは全てゼロから用意する必要がありますので、最初からカスタム仕様で製作した方が無駄が無いですね。



Dragunov

機種名 : リアルソード製ドラグノフ(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・フルカスタム作業 ・セラコート塗装 ・チャンバー交換
コメント : セミオート性能を最優先させたフルカスタム仕様でご依頼頂きました。ほぼ新品でしたが、チャンバーは割れていました...(笑)4枚ギア&ロングストロークという特殊な構造の為、トリガーレスポンスが非常に悪い機種ですが、モーター交換、配線交換、FET回路、電磁ブレーキ等を行うと見違える程のハイレスポンスになります。今回は外装パーツもセラコート塗装を行いましたが、お客様からのご提案で、あえて「艶有り※グラファイトブラック」で塗装する事でより実銃っぽく仕上げました。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 18:31フォトギャラリー

2017年12月09日

カスタムフォトギャラリー SR47 M4carbine

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

SR47

機種名 : BOLT製SR47コブラ(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・カスタム作業 ・マウントベース加工
コメント : お持込時は凄まじいギアノイズが出ていました...。内部は純正状態だったので、新品時からこういう音だったんでしょうね(泣)国内製品と違って海外製品はまだまだアタリハズレが大きいです。「工房ダイアリー」でご紹介していますが、BOLT製SR47の場合、何は無くとも専用に加工したインナーバレルへの交換が重要になります。ギアノイズの改善も含めて性能を最優先したプランで作業させて頂きました。同時にお持ち込み品のマウントベースが本体側トップレールの幅と合わない為、マウントベース側の切削も行いました。BOLT製SR47のトップレールは微妙に形状が違っていて相性が悪いと今回の様に「取り付け出来ない」というトラブルが出るようです。



M4 carbine

機種名 : TOP製M4カービンEBB(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・UBRストック内への純正バッテリー収納加工
コメント : UBRのストックパイプ内部をボーリングしてTOP純正バッテリー(11.1V)が収納出来る様に加工致しました。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 18:05フォトギャラリー

2017年11月26日

カスタムフォトギャラリー MP41 AKM

当店で修理・カスタムを行った依頼品の一部をご紹介いたします!

AKM

機種名 : GHK製AKM・GBB(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・外装パーツ組み込み ・マガジンアウターケース移植
コメント : お客様からお持込頂いた多数の外装パーツ(セレクターレバー、トリチウムサイト、トリガー、グリップ、ハンドガード、ストック)組み込みを行いました。電動ガンと違ってGBBはリアルサイズ寸法に近いので、少々の加工で大抵は組み込み可能です。それよりも今回のメイン作業はP-MAGのアウターケース移植ですね。GBBだけに放出バルブ、ガスルートパッキン、マガジンリップ、等の位置が変わってしまうと上手く作動しなくなりますので、移植はかなり難易度が高かったです。



MP41

機種名 : SRC製MP41(お持込での作業依頼)
作業内容 : ・カスタム作業 ・外装パーツのガタの除去
コメント : SRC製、AGM製のMP40シリーズをお持ちの方はご存知と思いますが、アッパーレシーバーとロアーレシーバー間のガタが「え、これでいいの?」っていう位にガタがあります。初速が不安定だったり給弾しなかったりの原因の多くはこの部分のガタにあります。チャンバーはアッパーレシーバー側、メカBOXはロアーレシーバー側に組まれていますので、アッパーとロアーにガタがある、という事はチャンバーとメカBOXが密着していない事になります。この部分が動いてしまっては正常は実射性能はとても望めません。MP40シリーズに関しては、何はなくともまずはアッパーとロアーの結合をしっかりとさせる事が必須です。程度にもよりますが当店ではロアーレシーバー後端に位置決め用のリング状パーツを製作してガタを取り除きます。完成後のしっかり感は完全に別モノです。

KEN


フォトギャラリーをさらに見るにはこちら

 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan

  

Posted by bemax at 16:30フォトギャラリー

2017年11月23日

Be-MAX公式Twitterはじめました




この度、Be-MAXは様々な情報をリアルタイムでお届けする為、公式Twitterを開始しました。(実は先月からヒッソリとやってました笑)
ホームページ上ではなかなかお伝え出来ない細かな作業内容等、Twitterならではのメリットを最大限活用して色々な情報を日々発信していきます。皆様、フォローの程、宜しくお願い致します。



<KEN>


Be-MAXの情報をもっと見るにはこちら!
電動ガン修理カスタム日記 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan



  
Posted by bemax at 19:17Be-MAX NEWS

2017年11月22日

AA-12 カスタム計画(1)

AA-12koubou.jpg
突然ですが、マルイ製電動ショットガンのAA-12をカスタム出来ないかと考えております。とりあえずは
・初速の向上。出来れば90m/s前後は欲しいですね~。但し、耐久性が大幅に低下しては意味が無いのでバランスを見ながら、ですね。
・ターゲットに当たらないHOP弾道の改善。ここは通常の真上からのクッションラバー突き出し方式で良かったのでは?と思うんですが...。
上記の点が構造上の理由なのか、改善の余地があるのか、はじっくり検証したいと思います。何は無くとも、まずは完全分解して各部パーツの検証からですね。
内部構造がかなり特殊ですので、おそらく一筋縄では行かないと思いますが頑張ります。いつもの如く「予定は未定」ですが進展があれば随時、お伝え出来たらと考えております。
尚、続報が全く無い場合は「あ、挫折しやがったな」と思って頂いて、ほぼ間違い無いです(笑)


<KEN>


Be-MAXの情報をもっと見るにはこちら!
電動ガン修理カスタム日記 


海外製電動ガンの修理カスタム Be-MAX Japan



  
タグ :MARUIAA-12